全身を使った運動

筋肉質な身体ボクシングの練習風景で、サンドバッグを打っているシーンを、見たことがあると思います。また、ものをたたくようなことは一切せず、鏡に向かってひたすらパンチを打つような動作を繰り返す、シャドーボクシングというトレーニングシーンも、目にしたことがあるでしょう。

どちらもボクシング経験がまったくない人には、手や腕だけを動かしているように思える人も多いようですが、特にサンドバッグを打つには、踏み込んだ足にしっかりと体重を乗せ、腰も入れなければいけません。そうした上で、腕と上半身を1つとしたような感覚で、サンドバッグに向けて、拳を伸ばしていくのがコツです。

ボクシングスポーツジムでこれを体験していただければ、サンドバッグ打ちのトレーニングがいかに全身運動であるかが、お分かりいただけるはずです。だからこそ、大きな痩身効果があるのです。

またサンドバッグ打ちに慣れてくると、漫然とサンドバッグを打っていることが、非効率であることに気がつくようになるものです。またボクシング練習に慣れたボクシングスポーツジムの人たちが、リズミカルにサンドバッグを打っているのが、嫌でも目に入ってきます。まるでダンスを楽しんでいるかのようなその様子に、刺激を受けないはずはないでしょう。